関 智宏(SEKI, Tomohiro)

研究分野:中小企業論 中小企業経営論

関連キーワード

  • ASEAN
  • アントレプレナーシップ
  • ケース・スタディ
  • 中小企業経営
  • 国際化

同志社大学商学部教授 博士(経営学)

英国・オックスフォード大学日産現代日本研究所客員研究員(2020年4月~2021年3月)

       

中小企業の存立維持につながる経営について、国際化や連携・ネットワークを中心に研究してきました。特に新興国のなかでもタイ国などASEANにおいて事業展開を模索している中小企業の経営行動のケース・スタディを行ってきました。最近では、国際的その範囲の拡大と内容の深化を遂げつつあるアントレプレナーシップ研究の領域にも展開させ、日本の中小企業研究との接点を探るとともに、アントレプレリアル・インターナショナライゼーションなどの視点から、日本をコンテクストとする中小企業の企業家的行動について研究を進めています。

研究業績等

『よくわかる中小企業』(編著、ミネルヴァ書房、2020年4月)

『持続可能な経営と中小企業―100年経営・社会的経営・SDGs経営―』(共編著、同友館、2020年3月)

『21世紀中小企業のネットワーク組織―ケース・スタディからみるネットワークの多様性―』(共編著、同友館、2017年6月)

『現代中小企業の発展プロセス―下請制・サプライヤー関係・企業連携―』(単著、ミネルヴァ書房、2011年3月)

その他の研究業績等についてはresearchmapに掲載